トップ

 最新ワークショップ

2017年12月24日(日)

神代文字ことはじめ
大祓いの前に祝詞を書いて 一年の罪穢れを祓おう 名古屋


いずれもお時間、ワークショップ料金等、詳細はお問合せください。

 神籬(ひもろぎ)

太古の人々は、気象の動きや自然の移ろいに 神々の存在を感じていました。

万物に神々が宿ると信じ、神の力を戴き、 神と共に暮らすことを願っていたのです。

そして神を招き感謝と祈りを捧げる祭祀を 執り行っており、それに答えて神が降臨される
依り代(よりしろ)が神籬(ひもろぎ)です。

人と人との心の疎通が豊かになれという 神の御意(みこころ)を形にした神代文字は
いわば神の依り代であるのです。

連絡先 himorogi.omi@gmail.com おみ(きたむら なおみ)