トップ画像

 鍼灸治療

鍼灸画像  

鍼灸の起源は石器時代の中国にさかのぼり、中国三千年の歴史とともに極められ
奈良時代に日本に伝来されました。

中国の僧侶が仏典とともに鍼灸を持ち込み、 平安から室町時代にかけて 鍼灸や漢方といった
中国医学が日本に定着しその中で 鍼灸は日本独自の伝統医学として発展しました。

鍼(はり)は血行を促進したり、身体の中のエネルギーの流れである気のバランスを整えます。

鍼には鎮痛作用があることが医学的な関心を呼び研究がすすみ先進国で普及し
現代では補完代替医療の有力な治療法として定着しようとしています。

灸(きゅう)は冷えや虚弱体質を改善したり身体を温めるだけではなく
病を寄せ付けにくい身体、つまり未病にする効果もあるといわれています。

鍼灸など東洋医学は私たちの身体をひとつの小宇宙としてとらえ 、そのバランスが崩れた時に「病」が発症すると考える医学です。

そのアンバランスによって引き起こされている症状に対して効果のあるツボを選び 鍼や灸で
補ったり取り除いたりしてバランスを 整えて機能回復をはかる治療法です。

施術について

  • 個人の体調、症状、痛みの具合などお聞きしてから体質にあわせて行います。
  • 鍼は使い捨てディスポーザブルを使用しますので感染の心配もなく安心です。
  • 体に優しく痛みのない施術ですのでご安心ください。
  • 身体の不調と同時に心をも緩やかに整えられていきます。

連絡先 himorogi.omi@gmail.comm(きたむら なおみ)